アーク溶接とは

アーク溶接とは電気の放電現象(アーク放電)を利用し、同じ金属同士をつなぎ合わせる溶接法。 アーク放電によってもたらされる高熱で、接合したい金属材料を溶かし接合する。 電気溶接とも言われることもあるが、これには抵抗溶接も含まれる。
材料によっては高熱に曝されると性質が変化したり、最悪劣化する恐れがあるので、溶接を行う際は、JIS規格に規定された耐久性が得られるか検討する必要がある。
また、アーク溶接を行う際は労働安全衛生法第59条3項「アーク溶接」による特別教育を修了する必要がある。


アーク溶接の様子

ミグ溶接とは

アーク溶接のうち、シールドガスに不活性ガスのみを使うものをミグ溶接という。 通常半自動溶接として使われる。 一般的には半自動溶接の一種と考えてよい。
不活性ガスとしてアルゴンやヘリウムが使われる。 日本ではこれらのガスは高価なため、特に必要の無い限り炭酸ガスアーク溶接が使われることが多い。 不活性ガスの安価なヨーロッパやアメリカではよく使われる。
鉄系材料のほか、非鉄金属にも使用される。


ミグ溶接の様子